不動産担保ローンを利用する場合のチェックポイント

不動産担保ローンを利用する場合には、お金を借りるまえにお金を用意する必要があります。

大雑把に言ってしまうと、1000万円借りるための50万円必要になるというわけです。

例えば、3月1日に1000万円のお金が必要なときに、2月28日に50万円用意するということです。

これは担保になる不動産の調査や登記料、印紙代などの税金が掛かるからで、そういった費用を負担出来て始めて利用できるのが不動産担保ローンなのです。

ここで説明しているのは単純化していますので、50万円と説明していますが、実際に諸経費は融資額だけではなく不動産担保ローンを利用する金融機関によっても違ってきます。

つまり、Aの金融機関では50万円であっても、Bの金融機関では40万円という場合があるのです。

しかし、諸経費がBが安くても実質年率で比較してみるとAのほうが利用しやすいという場合もあるのです。

比べて選ぶなら…不動産担保ローン | 不動産担保融資・不動産担保ローンの明治アセット株式会社